DP 9.1 Update. #MOTU

2016 年 7 月 28 日

DP9.1アップデートが出ました。MOTUからダウンロードを。
当初の予定が6月ごろと言われていたので、少し遅れた感じですが、パッと使ってみた印象では期待以上です!

・バッファのレイテンシーが従来の半分になりました。ということで、9.02だとカクカクしてた今作ってる曲が、9.1だとCPUのProcessingメーターも半分くらいになってます。マジかよ。
・Pre-Genエンジンの改良。これもDPが目に見えて軽くなってる要因かな。期待大!
・新しいSMPTE-Zプラグインは、タイムコードを吐き出してくれるプラグインです。個人的にSMPTEは最近はあまり使うことがないのです。
スクリーンショット 2016-07-28 3.47.27・Hardware Insertプラグイン。これ、待ってましたー!!ハードのコンプやらEQやら、他のプラグインと同様にそのトラックに刺す事で、DP自体のBuffer関係なく、ほとんどレイテンシー感じないでインサート(そのトラックに戻る)出来る!これものすごい事じゃない!?いや〜、こうなると、I/O数足らない!(笑)
・Buffurのレイテンシーが半分になった事で、DP内のAuxで立ち上げた外部音源のレイテンシーも改善されてる気がするね。正確な検証はしてないけど、I/O側のアプリでダイレクトモニタリングするのとそう変わらなくなってきた気がする。今、Buffer512でこの感覚なので、下げたらもっとすごそう。Phaseはするので多少の差はあると思うんだけど、やっとProToolsのようにDAW内でダイレクトモニタリング出来るレベルまでいけるのかも。
・そうやってAuxで立ち上げたハードシンセや、Hardware Insertした後にプラグインを刺しても、DPが自動でレイテンシー補正してくれるので、そういう部分を気にしなくていいというのは、DPの強みなんじゃないかなー。(一部補正されないプラグインがある模様。っていうか、Hardware Insertのプラグインを刺すタイミングが問題なのかも)

・テンプレートの見直しが必要になりそうだね!

・各種バグですが、9.01/9.02で起こっていた、チャンネルを変えようと思ってポップアップさせて、やっぱ辞めたと別な場所をクリックすると、選ばれてたのがそのままにならず、違うinputやoutputになっちゃうバグ、直ったような気がしてたんですが、やっぱまだ同様になりますねー。もうここまで直らないと仕様なのかと思うくらい。
・ミキサーウインドウのSENDのPANをクリックするとDPが落ちるバグ、直ったかと思ったんですが、全然直ってない模様です。残念!
・Pre-Genの関係か、CPUスパークが重くないのに起きる事があります。
・DP9あたりからTunerがおかしかったのは、やっと直った模様。

気がついた事があれば追記します。

ハイリゾさんのFaceBookで、細かい記載がありました。
・Hardware Insertに関して「プラグインのボタンで外部機器へピン(ピング)を打ちレイテンシーを計り、レイテンシーの補正を自動的に実行します。Hardware Insertプラグインを使用することにより、様々な外部機器をDPのエフェクトチェインの一部にすることが可能です。」だそうです。なるほど納得。

バージョン9.1の新機能:

OS X環境下のオーディオI/OとVIのレイテンシー改善
― OS X環境下のホストバッファーレイテンシーが従来の半分になりました。例えばバッファーの設定を128に設定した場合、インプットシグナルに128サンプル、アウトプットシグナルに128サンプルの合計256サンプルのホストレイテンシーとなります。(I/Oレイテンシーは 除く)この改善により、I/Oレイテンシー、及びバーチャルインストルメントのパフォーマンスも向上します。

WASAPIドライバの向上
― WASAPI(Windowsオーディオ)ドライバのI/Oレイテンシーを大幅に縮小しました。また、WindowsオーディオドライバのサンプルレートコンバージョンによるCPU消費も改善しました。

小さなバッファー値対応の改善
― DPのMOTUオーディオシステム(MAS)エンジンを小さなバッファー値でもより柔軟に対応できるように再調整しました。

Next-gen Pre-genTM
― DPのNext-generation Pre-genエンジンは、バーチャルインストルメントやプラグインからのアウトプットシグナルをプリレンダーすることにより、CPUの消費を大幅に抑えます。バージョン9.1では、この機能を大幅に調整しCPUパフォーマンスを大きく改善しました。その上、MIDIグラフィックエディターでのエディティングやVIのオンスクリーンキーボード等のバーチャルインストルメントのプレビュー機能を常に使用可能にします。DPでは、プリジェネレートされたオーディオとライブオーディオの境目を無くし、同等に取り扱うことができます。プラグインやバーチャルインストルメントの反応を調整するには、セットアップメニュー>オーディオシステムの設定>スタジオ設定のプライムミリセカンド値を調整します。
MOTUでは、サードパーティ社製のバーチャルインストルメントやエフェクトへのハイレベルな対応を常に心がけております。サードパーティ社製プラグインでプリ-ジェネレーションが正しく機能しない場合には、プラグイン/インストルメントをリアルタイムで使用し、MOTU、及びプラグインの制作元へ状況をお知らせください。
既に開いたバーチャルインストルメントトラックを暫定的にリアルタイムモードにするには、ミニメニューより”このプラグインをリアルタイムで開く”を選択します。Pre-genモードに戻るには、ウインドウを閉じる、またはミニメニューの選択を解除します。この設定は、DP内で使用している同種のプラグイン全てへグローバルに 適用/保存されます。
バーチャルインストルメントを恒常的にリアルタイムモードにするには、インストルメントをターゲットにした MIDIトラックを録音選択します。オーディオトラックのエフェクトを恒常的にリアルタイムモードにするには、 トラックを録音選択、またはモニター選択します。また、チャンク、またはv-rackでエフェクトをauxトラックに配置することにより、エフェクトをリアルタイムモードに切り替えます。

SMPTE-Zプラグイン
― SMPTE-Zプラグインは、DPのタイムライン、またはフリーホイールモードで起動時に Longitudinal Time Code(LTC)を出力します。スティルフレームオプションでは、DPのトランスポートが停 止した場合でもタイムコードの出力を継続します。タイムコードは、オーディオトラックのアウトプット設定経由でどこにでもルーティングすることができるため、様々な状況にも柔軟に対応することができます。

Hardware Insertプラグイン
― Hardware Insertプラグインは、DPのその他のエフェクトプラグインと同様に機能します。このプラグインでは、外部機器でチャンネルのオーディオシグナルをプロセッシングするために、外部機器間とのループを作成します。この機能をその他のソフトウェアプラグインとの接続に使用することもできるだけでなく、エフェクトチェインのクリッピングの一部として保存することも可能です。プラグインのボタンで外部機器へピン(ピング)を打ちレイテンシーを計り、レイテンシーの補正を自動的に実行します。 Hardware Insertプラグインを使用することにより、様々な外部機器をDPのエフェクトチェインの一部にすることが可能です。

バージョン9.1の改良点
– トラックのレベルポストフェーダーとプリ-パンにトラックレベルメーターを表示。
– 内蔵オーディオにヘッドフォンを抜き差しした際のMAS停止とハードウェア変更表示の問題を解決。
– プリジェンモードで起動したVIのサイドチェインアウトプットのレイテンシー補正問題を解決。
– ボイストラックを録音可能なauxトラックとして使用した際、ソース素材が正しく配列されなかったレイテンシーの補正問題を解決。
– トラック設定ダイアログボックスのMIDIインプットの設定問題を解決。
– 多くのトラックを含んだチャンクの切り替え時のウエイトタイムを短縮。
– センド数を減らす際のクラッシュ問題を解決。
– エフェクトウインドウリサイズ時の背面ウインドウがメインウインドウに一致しなかった問題を解決。
– オートメーションレーンの最大値を選択可能に変更。
– 閉じたフォルダから開いたフォルダへトラックを移動した際にトラックが直ぐに表示されなかった問題を解決。
– スタジオセットアップダイアログボックスを簡素化。
– MASをオフにした後にVST、またはAUラッパーの認証作業を実行し、MASを再度オン戻した際に起こり得たクラッシュの問題を解決。
– ウェーブテーブルエディターでデリートキーを使用した際に表示されるエラーメッセージの問題を解決。
– いくつかのVSTが認証中にハングアップする問題を解決。
– DPからAudioDeskファイル保存時の問題を解決。
– DP 9.xファイルとDP 8のI/O互換問題を解決。
– コンソールでラベルの複製時に起こり得たクラッシュ問題を解決。
– MIDI学習ボタンをダブルクリックした際に起こり得たクラッシュ問題を解決。
– モノトゥステレオエフェクトを削除すると、トラックが左チャンネルのみの再生になる問題を解決。
– SEミニメニューでチャンクを切り替える際に起こり得たクラッシュ問題を解決。
– オーディオトラックが無いムービーを含んだプロジェクトファイルを開く際に表示されたエラーを解決。
– OSベースのダイアログボックス(例:別名で保存ウインドウ等)内のカット、コピー、ペーストコマンドの問題を解決。
– ページ設定で設定された表示スケールが印刷時に正しく反映されない問題を解決。
– ヘルプメニューのPDFマニュアルを更新。(英語/日本語)
– Avid Artist Mix / EuConサーフェイスにトラック名が正しく表示されない問題、または多くのトラックを含んだシーケンスで作業する際に接続が切れる問題を解決。
– シーケンスの複製時にトラックレイアウトが正しく反映されない問題を解決。
– トラックセレクタ表示の有無に関わらず、TABキーによる検索フィルターのトリガー問題を解決。

本日の俺チェキ。

2016 年 7 月 18 日

この辺とか。

初めてチェキ📸 #チェキ#P#instax#white#picture#photo#mood#instagood

Yurikaさん(@yurika_.jb)が投稿した写真 –

この辺とかで活躍中。

これ好き❤️ふふふふふ☺️ #instax#チェキ#mood#selfie#photography#cafe#shibuya#instagood#instamood

Yurikaさん(@yurika_.jb)が投稿した写真 –

押上。

2016 年 7 月 12 日

_MG_5170
お仕事で久しぶりに押上へ。押上はとても思い出深い街。右へ行けば、おばあちゃんち…なんだけど、今日は業平の方に。
スカイツリーの写真は近すぎると毎回一緒になっちゃうので、今日はソラマチの写真を。くくるのたこ焼き、美味しかったなー。

スカイツリーが建設中だった時の写真はこちら

KORG minilogue v1.21Update. #KORG #MINILOGUE

2016 年 7 月 9 日

_MG_5165KORG minilogueのバージョンが1.21にアップデートしました。是非ダウンロードを。

KORGさんにバグの報告をしていた「ローカルオフ時のMIDIのバグ」が遂に修正されたので、やっと本格的に我が家でも実戦投入開始です。今までもピッチベンドを一切触らないという方法でなら時々使ってたのですが、これだと音が限定させてしまうので、ここんとこは電源入れてなかったのでした。
追加点として、ARPモードでLATCHが付きました。ARPボタン長押しでLATCHモードです。

先日発表されたSound Librarianとともに、もう少し突っ込んだ使い方が出来るかなーという気がしてます。

現状のうちでの使い方としては、minilogue→NEVEのHA→EQで、みんなが「細い」と言ってるであろう帯域をカバー出来てるかなと。そりゃー、moogの太さとかそういうのは絶対出ないですけど、KORGらしい繊細さのあるアナログじゃないかなと思います。コーラスやディレイは今のところDAWに録ってから。本当は専用にマルチエフェクターがあってもいいかもしれないけど。

というわけで、軽くテストデモってみました。3トラックのみ。メインのPADにはUVI Thorusをかけましたけど、他はリバーブとAutoPanのみです。
※プリセット音色ではなく自分のオリジナル音色なので、探しても入ってないですよー。似た感じには簡単になると思うので頑張って作ってみてください。

どう?繊細だけど、細くはないよね。

※音とはまったく関係ないけど、minilogueの底面のゴムが強力すぎて、テーブルやら何やらに張り付いちゃうのが難点です(笑)

閑話休題。

2016 年 7 月 5 日

_MG_4834
ミーさんおねむ。

_MG_4835

瓶コーラ。 #渋谷 #cocacola

2016 年 7 月 5 日

_MG_4945
コーラはやっぱり瓶が一番だと思います。炭酸の圧が多く、瓶のために冷えやすいという特徴があったはず。
その場で飲んで、左の瓶ケースに瓶は返しましょう。
昔は瓶のリユースって、ものによって10円〜50円もらえたような記憶があります。
コーラに限らず、サイダーや、ラムネとかもそうでしたよね。

熊目撃情報。

2016 年 7 月 3 日

_MG_5108
7月2日午後2時35分ころ、渋谷区神宮前6丁目において、OLのカオルさんの家におじゃましたまま、 お世話になり続けている体長1.5メートルくらいの熊1頭の目撃情報がありました。近くにお住まいの方や同所付近にお出かけの方は十分注意し、背中のチャックをチラっと見ないように注意してください。(みるメール風)

友莉夏 @yurika_sing が、8/1 a-nation island Resort Stageに出演決定! #anation #avex #2016 #友莉夏

2016 年 7 月 1 日

IMG_86578月1日、a-nation island & stadium fes.2016 powered by dTVの、a-nation islandの野外を彩るresort stageに「友莉夏」が出演決定!!

友莉夏の出演時間は13時台です。
屋外ステージで、無料で観覧可能です。詳しくはオフィシャルサイト、タイムテーブルをご覧ください。
※RESORT AREAのご入場には、「公演チケット」または「a-nationオフィシャルサイト(http://a-nation.net/)トップページ」の提示が必要となります。
スマホかざすだけ!

・artist
http://a-nation.net/artist/
・timetable
http://a-nation.net/island/timetable.pdf

resort stageはa-nation island開催期間の7月29日(金)〜8月4日(木)の屋外を様々なアーティストのライブパフォーマンスで盛り上げます!!

a-nation island resort stage オフィシャルHP:http://a-nation.net/island/timetable/index.html
ステージ場所:a-nation island 敷地内、国立代々木競技場第一体育館渋谷口前スペース
開場時間:各日とも午前12時

お問い合わせは下記まで。
■a-nation island & stadium fes. 東京公演事務局
オペレーター対応 : 0570-08-9991 ※平日のみ12:00〜18:00
24時間テープ対応 : 0180-993-223 ※一部携帯・PHS使用不可/IP電話使用不可
a-nation island & stadium fes. 2016 オフィシャルHP:http://a-nation.net/

友莉夏:
Facebook
Twitter
Youtube Song List

_MG_5055

友莉夏 / FLY (Cover) #友莉夏 #カバー #BoA #UVI

2016 年 6 月 30 日


久しぶりの友莉夏のカバーシリーズ4曲目。今回もオリジナルアレンジでカバーしてみました。

友莉夏:
Facebook
Twitter
Youtube Song List

ちなみに、マニアックな話をすると、UVI Spectreのみで作ってます。ご参考まで。

6月最終日。

2016 年 6 月 30 日

_MG_4796今年前半戦終了。後半戦はギアを入れ替えて頑張ります。