Ryuichiro Yamaki Profile.

IMG_0094_250English text follows after Japanese.

安室奈美恵、鈴木愛理、東方神起、あんさんぶるスターズ!(Knights)、西野カナ、藤井フミヤ、KAT-TUN、SMAP、EXILE、三浦大知、BoAなど数多くのプロデュース、作曲、アレンジ、Remixを手掛ける日本R&B界の鬼才。主に、R&B、Hip Hop、FUNK、Electroなどを中核にしたClub/Dance系を得意とし、近年はジャンルを超えた作品も多数制作。日本人離れした鋭角なサウンドやグルーヴ、職人気質なプロデュースワークは、国内外のメジャーシーン、インディーズシーン問わず高く評価されている。
自身を中心に構成された4人組ユニット「RYPPHYPE」では、Vocalとシンセを担当。

フランスの音源ソフトウェアメーカー「UVI」の公式デモソングや、KORGから発売されている「KORG Collection」の公式デモソング、さらに、2019年2月発売のKORG KROME EXでは、プリセット音色を制作するなど、シンセ業界からも信頼が熱い。また、海外では、デンマークなどのEU圏のアーティストともコラボレーションをしている。

音楽生活10周年になる2009年(作曲・編曲として楽曲に名前が載るようになってから10周年。キーボードプレーヤー、マニュピレーターなどの音楽業界の仕事自体は1992年ごろから行っている。)、ソロプロジェクト「R.Yamaki Produce Project」を開始。2010年には、自身の主宰インディーズレーベル兼プロダクション「W4M Recordings」を設立。

2018年、R.Yamaki Produce Projectを、次の段階へシフト。あくまでも「作曲家 Ryuichiro Yamakiがプロデュースする配信プロジェクト」という枠の中で活動をしてきたが、「今しかできないことをやろう」という気持ちが高まり、配信限定というルールは変えずにユニットの形を構築。アーティスト名を「RYPPHYPE(ライプハイプ)」へ改名。
RYPPHYPE」は、山木自らのボーカルとシンセサイザーをメインに、高校生の頃からの友人でもあるマルチプレイヤー・スパム春日井のベース、メインボーカルのerina.で構成。楽曲の特色に合わせ、フィーチャリングボーカリストも積極的に起用。多様なコラボレーションを展開している。2019年1月1日にはデジタルフルアルバム「NEXTLEVEL」を配信。

楽曲制作とは異なる一面としては、2014年より「Deff Sound」から発売されているハイレゾ対応ポータブルヘッドフォンアンプでサウンドコーディネートを担当。株式会社音元出版が主催する、映像とサウンドを中心としたホームエンターテインメント文化発展のために創設されたビジュアルグランプリVGP 2015にて、「DDA-LA20RC(iPhone/アンドロイド/PC)」が、VGP金賞とガジェット大賞を取った。
また、iOSなどApple製品への造詣も深く、iOS用ソフトウエアの雑誌、ムック本などで執筆も行うなど、多彩な一面も持つ。

さらに、カメラ好き・猫好きとしても有名。自身のブログ「StudioW4M」では、街の猫達の写真や、なにげない風景写真なども好評である。過去には渋谷のカフェ「SPUMA(閉店)」にて、OUR EARTHというボランティア企画で「渋谷区の猫たちとの友情」というテーマのもと、SPUMAの壁一面に猫写真展示も行った。
写真については、写真家でもカメラマンでもなく、スナッパーであるとブログで公言している。

※2011年震災直後、住み慣れた渋谷区を離れ、育った町、栃木県那須塩原市で3年半ほど生活しておりましたが、2014年秋から活動を都内に戻しています。

作品一覧はこちら。>WORKS
所属:W4M Recordings / Rhythm Zone Creators (RzC) (Avex Entertainment Inc.(業務提携))
※お仕事のご依頼はRhythm Zone Creators(avex)か、直接の場合は、FaceBook経由でお問い合わせをお願いいたします。

RYPPHYPE
FaceBook Page:https://www.facebook.com/rypphype/
Instagram:https://www.instagram.com/RYPPHYPE/
Twitter:https://twitter.com/RYPPHYPE

Ryuichiro Yamaki Profile

Japanese R&B genius, Ryuichiro Yamaki produces, composes, arranges and remixes many talented Japanese artists such as Amuro Namie, Airi Suzuki, TVXQ, Nishino Kana, Fumiya Fujii, KAT-TUN, Coming Century, SMAP, COLOR (current DEEP), EXILE, LISA (ex:m-flo), SUITE CHIC, Miura Daichi, and BoA. Ryuichiro is known to create exciting club / dance tunes in R&B, Hip Hop, Funk and Electro while expanding his talent into many different genre of music. His style with edgy sound and groove is unique in Japan, while he still maintains Japanese work ethic in production which is very well-received outside as well as inside of Japan in both major and indie music scenes.

Internationally, Ryuichiro actively works in EU region. Examples of his work is seen as official demos to promote soft synthesizer by French music software maker “UVI” and remix work for bands such as Mannequin Mars from Denmark and artists like Joey Groon.

Year 2009 marked 10th year in music business for Ryuichiro and it was celebrated with his solo project titled “R.Yamaki Produce Project” Among new, indie and major artists who he collaborated in the project, Ryuichiro himself took on the mic to sing in the project as well. On December 26th of the same year, all 11 artists who participated in the project got together for one night of show titled “R.Yamaki Produce Project Premium Live 2009@Shibuya club asia.” On December 11th of the following year, Ryuichiro launched his own indie recording label, “W4M Recordings” to release music with artists that he hand-picked to produce.

Although “R.Yamaki Produce Project” started as his own solo project, it now has a slightly different focus to continue providing fresh and high quality music by producing a new artist, Sometimes producing music videos while releasing music digitally, Ryuichiro keeps sending a message that “Music should be free of restrictions” while recording development of artists.

Besides producing and releasing music, Ryuichiro took on a responsibility as a sound coordinator for high-resolution portable headphone amp by “Deff Sound” to display his talent with a different aspect of music, which he helped the product “DDA-LA20RC (iPhone/Android/PC)”to be awarded Gold and Gadget Grand-prix at Visual Grand-prix VGP 2015 by ONGEN PUBLISHING CO.,LTD. He also writes for iOS Software magazines and special magazines to exercise his knowledge in Apple products.

Ryuichiro’s interest besides music also includes cameras and cats. His personal blog “StudioW4M” has many entries with shots of cats on streets and photos capturing beautiful scenery. His cat photos were a part of a photo exhibition titled “OUR EARTH” at SPUMA (now closed), a cafe in Shibuya. When it comes to photography, Ryuichiro publicly says that he is not a photographer but is just “snapping photos.”

For Ryuichiro’s works: WORKS
W4M Recordings / Rhythm Zone Creators (RzC) (in partnership with Avex Entertainment Inc.)
*Please contact Rhythm Zone Creators (avex) or FaceBook for any work inquiry.

yamaki_tw_banner_rypp_2

R.Yamaki Produce Project